현재 위치:
-> 日本語 -> 情報ニュース -> 焦点注目
「明代の書物と文学」国際学術シンポジウムは日一閣に閉幕する
情報源:天一阁博物馆作者:屠建达 王伊婧 文リリース日:2016-12-13 
老舗:[ ] 色調節:

 「世界がどう変化する、書籍は永遠に人間と動物は本質的な違いの直観証明、人類の文明の中で最も珍重されている部分の一つである」。」12月4日午後、「明朝の書物と文学」国際学術シンポジウムは日一閣に閉幕、出席者は「日一閣合意」と読み上げた。

今回のシンポジウムは明代の書籍と文学研究分野の一次学術的な盛会です。9カ国と地域の30数名の学者は明代の書籍と特に日一閣の文献の豊富な内包は深く深く検討し、豊富な成果を得ました。会議は30編論文を受け取ってから、後日に出版される。

参会学者は紙質の書籍の未来、人文読書の価値、日一閣未来の発展などの問題は広範な討論を展開し、最終的に《日一閣合意》に形成した。「コンセンサス』を東西各種文化機関の協力を強化して交流して、普及と読む書籍知識技能、共通する読書の社会、君子は世界の良好な雰囲気。

「古代の紙に書籍の保護と研究を強化し、現代紙本文化の建設と発展、依然として世界文化人が愚昧、卑俗の重要な使命の一つによるという。」学者たちは、日一閣の研究によって、国内外各界の文化の重視、研究と発展を促進すると考えていると考えている。

「コンセンサス』に特別に提案、日一閣はアジアで現存する最古の自家用図書館は、客観的条件に成熟を積極的に申告世界文化遺産。特に日閣所蔵連続ドキュメンタリー中国伝統文官選抜試験制度と結果のシリーズの古典――明代在籍録は早めに申告世界記憶遺産。

今年は一日一閣450年。人類悠久の蔵書文化として現代においても、生命力のある象徴、日一閣豊富な蔵書文献は、国内外の学者として重視されている。今回は東西9カ国専門家の学者らの提案に、再び日一閣自身の豊富な文化の内包は世界範囲内において深遠な影響力をもっている。

ゲスト発言

ゲスト発言

日1閣博物館館長庄立臻報告

日1閣博物館副館長郑薇薇司会閉会式

   

【頂部に戻る】 【印刷の本ページ】 【窓を閉じて】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统