현재 위치:
-> 日本語 -> 情報ニュース -> 焦点注目
江北区馬徑村古建築手描き展は日一閣博物館で開催された。
情報源:天一阁博物馆作者:文/图:朱英炯リリース日:2016-12-13 
老舗:[ ] 色調節:

じゅうに月はち日午前、江北区馬径村の古い建築群手描き展開で日幕閣博物館の状元ホールで行われ、今回手描き展には馬径村張氏の家族の建築群を主体にり、張氏の祠(永思堂)のほか、馬径村なんて見るの他の張氏の建築のよう:前に新しい屋、後の新しい屋、張氏の墓、张氏房、乾坤の部屋、茂昌不動などの古建築も芸術家たちが生き生きと水彩、彩鉛、水墨、針はペン、油彩、アクリル、ペン、木炭画などのツールを様々な紙、布で、計55作品のスタイルではなく、ポリ実写と文芸は一体。

今回のイベントは長江以北区委員会の宣伝部、日一閣博物館と江北区文連共同主催、江北区美術家協会などの単位を引き受ける。開会式で、張氏に閣を贈る日族長博物館の係譜に張氏の係譜にも、江北区文連馬径張氏の家族に贈るこの展覧会の代表作の一つ。現場も行ったペンクラブ、葛晓弘、思惟の超、王复才、张林辉ら4人を共同で行う現場創作し、日一閣収蔵。江北区区委員会の委員会は、広報部刘臻、日一閣博物館館長庄立臻、寧波市美術家協会会長らが出席して活動孙佩梁開会式。

「童姚马径枚、銀を寧波で伝わる良い壁」は百年の民謡、言うのは若い頃慈東の姚氏、童氏の家族と馬径村の張氏の家族。張氏の家族は庄桥街の馬径村は歴史が悠久で、寧波で継承の大家族、百年を輩出するは、内外。たとえば、中国の近代史の上で有名な兄弟と张斯栒-张斯桂も、彼らは寧波から世界への先駆者となり、最終的に「師夷長技以制夷」が洋務運動の重要人物、歴史に殘る中国素晴らしい外交官。また民国の女性詩人、天台宗の高僧张汝钊と西冷印社の初期の代表人物朱肉家や印譜コレクター张鲁庵姉弟。

この度张鲁庵さんが歳の古建築手描き展のニュース、张鲁庵さん唯一伝世調合指図書秘伝の高い朱肉式熊さんが喜んで、健康の原因ませんでしたが、わざわざ送ってきましたお祝いのビデオ。

展覧2016年からじゅうに月はち日から2017年いち月ななしち日終瞭、広大な文芸ファンを歓迎してる。

開会式の現場

張氏は日閣博物館に張氏の家伝を贈った

江北区美術協会に閣を贈る日博物館展作品

日庄立臻閣博物館館長に絵画作者张林辉収蔵証書授与

刘臻部長と庄立臻館長、開会式の開幕

葛晓弘、思惟の超、王复才、张林辉ら4人を共同で行う現場創作

高式熊氏は今回の展覧会にビデオを送った

観衆は展覧会を見学する

 

 

 

【頂部に戻る】 【印刷の本ページ】 【窓を閉じて】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统