현재 위치:
-> 日本語 -> 情報ニュース -> 焦点注目
「字」は、漢字の美を味わう
情報源:天一阁博物馆作者:文:乌莹君 图:李瑶瑶リリース日:2016-12-13 
老舗:[ ] 色調節:

明朝体は、現在我々の最もよくある印刷フォント、あなたは今日の「明朝体”はどのように進化して来たのですか?じゅうに月じゅういち日に延びている雲階に開催している「ヘンルーダあふれる――明代書籍文化の世界の影響」が特別展の社会教育機能に、多くの観客中華漢字文化の内包を感じ、日一閣書院特別開催「字程楽はない――宋体字設計初体験活動だけでなく、」参加者の理解できる明朝体前世、そして専門の先生直伝どう設計1項が明朝に木版気質の明朝体。

今回の活動に参与した30数名の体験者たちはまず専門の先生の説明で知った明朝体の発生、定型化して、進化の過程を今。「明朝体」は宋代のフォントですか?この質問に、指導先生から皆さんに講義刊刻明代書籍出版など多くの方面の専門の知識。実は、明朝体は明代ならではのフォント、それはバージョン学上の専門用語は、明代の中期刻本で模倣宋浙江刻本形成の一種類の新字体。

明朝体何と楷書の特徴ですか?楷書は今通行の漢字に手書きで、その構造は方正、筆上には秩序がある、頓、画数と画数の間に内在的な呼応関係があると知っています。明朝体と大きく異なる明朝体の出現は実はと刻工刻印関係。古代の刻は字が読めなくて、ただ書くことによって、そのため、刻んだ字はきっと手書きの精緻な精緻に違いない。明朝体最も明らかな特徴は「横細かい縦粗」、画数の末端に装飾部分で、また、刻工雕刻た際に発生する側のハード質感や意外に欠けても、明朝体をみせて地味古拙美。もちろん、今から明代明朝体をどんどん進化、異なる時代にも細かい違いの特徴。見学をし特別展は、専門の先生の説明を聞いて、専門に参加した書道愛好家劉さんのときめきは「まさか僕ら今の明朝体があるから明代、しかもこんなにたくさんの些細な変化を経て、先生の説明は、本当にますます美しくなった!」

そしてデザイン制作体験コーナーに着きました。今回のイベントは2つの制作内容を設計し、それぞれに消しゴムの章と手描きの栞を作成しました。参加者たちは、自分でデザインした明朝体彫刻や手描きの方式を通じて作った製品。ある参加者は「明朝体を見て本当に美しい、自分で設計、本当に容易ではない、たとえば私が設計したこの印章の全体の配置を何度も繰り返し改正。」制作手描き栞はやさしいから、紙の尺幅印鑑より大きく、書く必要がないことができます無難の過程の中で。多くの参加者が専門の先生の指導の下、捉え明朝体端飾り化の特徴、設計のフォントの古典が上品で、特に文化雰囲気。今回の活動にご参加者たちは味わって漢字のもたらす美学体験、1人の娘を連れて来参加の王さんは「このイベントに参加する子供はオフィスの興味を奮い立たせることができて、私達はすべて長い多くの知識。」

先生は先生にハンコを刻んだ」

みんなで勉強して

観光客が2枚の栞「雲が入っている」「日一閣」

市民が作った印鑑「ヘンルーダがあふれる」

【頂部に戻る】 【印刷の本ページ】 【窓を閉じて】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统