天一閣展示ホールの陶芸教室シリーズイベントは円満に終了しました。
情報源:天一阁博物馆リリース日:2017-11-27 
老舗:[ ] 色調節:

陶芸は長年以来、中華文明の粋として扱っています。昔の人に学び、職人に敬意を表すのは陶芸教室の求めるところです。天一閣の陶芸教室の目的は陶芸愛好者の操作能力を培っただけでなく、陶器を作る中、陶芸の魅力を感じ、泥の中で陶芸の楽しさを享受し、ブランクを陶器に成形する中で自分の品性を磨くことです。

陶芸教室は今年の3月に送り出してから、数多くの陶芸愛好者より注目されたり、参加してもらったりしていました。今期の陶芸教室は古い作り方の体験から陶芸の泥で成形すること、絵を描くこと、ブランク成形まで段階的に進め、学習者が陶芸に対する認識と技を深めます。一部の学習者はずっと天一閣のウェチャットを購読していて、関係イベントの予告が発表してすぐ申し込んでいました。これも陶芸教室は人気度がずっと高く、みんなの学習情熱が高まっていました。陶芸実践の中で、回転しているローターを見て、掌にある変化に集中すると、望んだ陶芸作品ができます。学習者みんな楽しい笑顔を出すことは陶芸の魅力です。

11月19日は今期イベントの最後でした。寒い風の中でも、陶芸愛好者たちは天一閣に来ています。以前の優秀学習者はより良い陶芸作品を作りたい気持ちで来ています。陶芸教室に参加している学習者の中から最優秀学習者一名と優秀学習者3名を選び、天一閣の記念札を授与します。マトメを完了してシリーズイベントの優秀作品を展示し、学習者と先生たちは楽しかったです。


【頂部に戻る】 【印刷の本ページ】 【窓を閉じて】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统