有名な蔵書家である韋力様は天一閣で詩
情報源:天一阁博物馆リリース日:2017-11-06 
老舗:[ ] 色調節:

11月5日に有名な蔵書家である韋力様は新作の《觅诗记》を持って中国現存一番古い私有の蔵書楼の天一閣でみんなに詩を尋ねる旅をシェアしていました。韋力様は古い書籍に夢中して三十年の中、その私有蔵書が世界一です。古い書籍のバージョンを留意し、中国古代の蔵書家の遺跡への考察と研究を行い、十万冊以上の古い書籍を収蔵し、四部が全部そろっています。韋力様は蔵書楼“芷兰斋”があり、中国民間で古善本を一番多く収蔵している人だと言われています。一人の力で《古书之爱》《古书收藏》《芷兰斋书跋集》《琼琚集》《硃痕探骊》《鲁迅藏书志》《得书记》《失书记》《觅宗记》などを著作していました。

新書の《觅诗记》を書くために、韋力様はよく一人で交通不便で全国各地にある古墓へ回っていました。歴史の遺跡を尋ねることで韋力様は時空を超えて昔の人とコミュニケーションできて、歴史の変遷は簡単な一点で構成されたことではないと認識しました。そのため、遺跡の尋ねを古代賢人に対する敬意としています。このような敬意は民族文化への承認を代表しています。

尋ねる中、韋力様は歴史の遺跡保護問題がまだ解決していないことに深く感じています。長年の尋ねる旅は遺憾の旅でもおさまりがつかない旅でもあります。たくさんの重要な文化名人の遺跡が既になくなりました。《觅诗记》の詩人の旅では、「建安三曹」が曹操と曹植の遺跡しか見つからなくて、曹丕関連の遺跡はどう探しても見つかりませんでした。中国のすべての古い書籍に記載されている蔵書楼を尋ねても、半分ほどの蔵書楼が消失してしまい、残っているものも厳しい状態にあります。例えば、乾嘉時期で最大な蔵書家である黄丕烈の蔵書楼は蘇州シルク工場内にあり、呉興四大蔵書楼の中の一つである密韻楼は美容店に改造されました。また数多くの蔵書楼は機関のオフィスにしました。もちろん、韋力様は社会の変革を阻止することはできなく、ただこれらの古跡を消失するまで見つかれ、ペンとカメラで昔の歴史の真相を記録します。《觅诗记》に地図が添付されています。地図には119名詩人の故郷・墓地・祠・遺跡を追記されています。これは韋力様が長年渡って各地を尋ねてきた結果です。その足跡は14省、1直轄市に残していました。韋力様は多くの詩人の遺跡が見つからずですが、この本は自らの中の詩史だと見られていると言いました。


【頂部に戻る】 【印刷の本ページ】 【窓を閉じて】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统