天一閣書院・伝家宝――天一閣で木活字印刷を体験します。
情報源:天一阁博物馆リリース日:2017-12-20 
老舗:[ ] 色調節:

第一回木活字印刷の体験イベントが好評を受けて以来、12月16日の午前中、「字に生きている――木活字印刷体験イベント」第二回が開催されました。三十数名の市民たちは天一閣の状元ホールで古い活字印刷を体験していました。

今回は雲在楼で開催されている「彫刻・生活――鄧偉雄・鄭煒明様の寄付展示会」にセットするために開催しました。

活字印刷術は我が国の古代の「四大発明」の一つです。活字印刷は字を作ること、活字を組むこと、墨を入れて紙を覆って刷ること、順番通りに字を貯蔵することと四つの工程があります。字が一つ一つ独立で移動できる活字で、そして、活字は文の要求によって組んで印刷することで「活字印刷」と呼ばれています。市民たちは講師の指導の下で、まず木活字印刷のビデオを見て木活字印刷で必要な工程と制作流れを大体把握しました。そして、字を組み、墨を研磨して印刷します。宣紙を開きたら、綺麗で生動な木活字印刷品はできました。それに朱色の「天一閣」のスタンプを押せば、完全な作品が出来上がりました。

活字印刷はわが国古代の重要な発明で、文化伝播と社会生活に重大な影響を与えていました。天一閣書院・伝家宝の体験イベントはより多くの市民に木活字印刷の真の姿を見た上、実際の体験で中華の木活字印刷術の魅力を感じらせました。


【頂部に戻る】 【印刷の本ページ】 【窓を閉じて】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统